月曜日の朝は玉子焼き!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5部 第5話

<<   作成日時 : 2011/11/07 08:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

5年と言うのは・・・・・

長いような・・・短いような・・・・・

5年前・・・・・ナニやっていたのだろうか・・・・?

子供が小さかったから・・・・子供の世話で

振り回されていたのだろうか・・・・・?

でも 段々 大きくなってきて・・・・

ヒマが できて・・・・・

そんなときに・・・・兄のところに遊びに行くと・・・

PCで いろいろと・・・やっていた・・・・・

(ブログも・・・?)

で・・・・・・

自分も やってみたくなり・・・・・・

電気屋サンに 「冷やかし」に 行ったつもりが・・・・

「イイのがありますよ!」・・・と・・・・・

買わされてしまった・・・・(笑)

それが・・・・このPC

画像


が・・・・今・・・・

病気餅・・・に・・・・・・・

発作が 始まると・・・・


こうなってしまう・・・・・




画像



いやいや・・・・(これ・・・だれ?)


すみません・・・・・

こちらですね・・・・


画像



え?なにこれ? (見れば見るほど・・・・・目がおかしくなってくるような・・・)





すみません・・・・


「回り道 くねくね〜」・・・して すみません(?)


こちらです・・・


画像



で・・・・・




こっちで 困っていたら・・・・


「連鎖反応」・・・・でしょうか・・・・・???


「乳デ字レコーダーで 乳デ字が見れるようになっている

 ブラウン缶 アナログ14型テレビ」まで・・・・・


こんな ことに・・・・

画像


(ナニ・・・言っているんだろう・・・・この役者さん・・・・)


ただ・・・TVは なにぶん「アナログ」なので・・・(か?)

側面を 「あちょ〜!」・・・・と・・・・・

「教育的指導(?)」を すると・・・・

直ります・・・・・が・・・・・・


また しばらくすると・・・・・

画像


こうなりますので・・・・・


たびたび・・・・・

「あたたたたたたたぁ〜とこやぁ〜!」

画像




と やっております!

(結構・・・「ストレス発散」になっていたりして・・・・「婿養子」ですから・・・・笑)



で・・・・


娘も・・・・

「この野郎!しっかりしろ〜!」

画像


と・・・やっております・・・・が・・・・・





こちらも・・・・・ 02年製・・・・・と言う事は・・・そろそろ 10年選手?

そろそろ・・・「引退」でしょうか???



でも 乳デ字偏光痔 よりも TVの価格が 安くなっていますので・・・・


「経済破綻寸前」の よんちゃま毛としては・・・・・

「よく がんばってくれた・・・・ありがとう!」・・・と 言いたいですね!

(TV・・・・9800円だったような・・・・・安かったなぁ〜このTV!?)


ってことで・・・・・

PCとTV・・・同時に買ったら・・・安くなりますかねぇ〜・・・・・・

 「よしお電気」さん・・・・???

(さて・・・・その 資金は・・・どこから出てくるのか?)

画像



この後の・・・「TV&PC(チャゲアスか?)買い替え大作戦」の動きに・・・・

乞うご期待!?(変化が ありましたら・・・・

 そのつど ご報告いたしますので・・・・・)

ってことで・・・

連載中の へっぽこ小説・・・・・

本日は5話目ですね・・・・

この辺から・・・・・

「迷走」に入りますので・・・(?)

覚悟の上(?)・・・ごらん下され!


では ワタクシは・・・本日・・・・・

これから ちょいと 「お出かけ」を いたしますので・・・・

 どこへ行くのかは・・・ナイショです・・・・・・

 まぁ 「勉強」ですよ べ・ん・き・ょ・う!(ナニの?)

行ってきまぁ〜す!!

画像














「ほらほら 00ちゃん!階段は 気をつけて 下りなきゃ!」

「でもパパ 上りより 楽だよ!」

「楽は楽だけど・・・・ 危ないのは 下りの方だから・・・」


「パパは 慎重派だもんね!」


「『しんちょう』って どういうこと? ママ?」


「『しんちょう』ってのは・・・・ 『ゆっくり 静かに』 やったり

 考えたり すること・・・・で いいのかな?」



「ふ〜ん パパって 確かに よく考えているもんね!」


「よく 考えている・・・か・・・・・」



















 


















「おお〜 来たか!」



と その おじさん? おじいさん?・・・・が 言った・・・・




まだ 目が見えないから・・・・わからないけど・・・・

 

どこかで・・・・聞いたことが ある声だ・・・・・





「お前 とこやに なったらしいが どうだ? とこやの 仕事は?」



誰なのか・・・よくわからないけど・・・・・・


相手をしなければ・・・・・と 思うのは・・・・


「職業柄」・・・?




「そうですね 大変な事も ありますが・・・・・

 おもしろくて  たのしい 仕事ですよ!」




「そうか そうか それなら よかった!

 まぁ がんばれよ!」







と 背中を押された・・・・・・・






背中を 押されて・・・・・・・







背中 を押されて・・・・・・・・・






その 押される 瞬間に・・・・・・






また・・・・





「高橋 さ〜ん!」


「高橋 さ〜ん!」







と 呼ぶ声が・・・・





で・・・・






その「声」 と・・・・



背中を押された 「衝撃」で・・・・・・


なぜか・・・・




目が・・・・見えるようになった・・・・・?





んん?





ここは どこだ?





天井が 見える・・・・・・






部屋の中・・・・・?







「目が 開いた! 高橋さん! 高橋さん!」





と 呼ぶ声が ・・・・・・・





左右から・・・・・・・・・






とりあえず・・・・・






右を見てみようと・・・・・・・


でも・・・・・



首が痛くて・・・・


「いたたたた・・・・」




と なった・・・・・・




「無理しちゃぁ ダメですよ! 」




と・・・・・






女の人の声が・・・・・






首が 回らないけど・・・・





なんとなく・・・




周りの感じで・・・・・




どうも・・・・




ベッドに 寝ているようだ・・・・・・・




なぜ?



でも・・・




ここは どこ?




それにしても・・・・





この 女の人の声・・・・




んん?・・・・・


誰だったかなぁ〜・・・・




聞き覚えのある声だ・・・・・




と 思っていた・・・・・次の瞬間・・・・・



私の視界に・・・・




人の顔が 入ってきた・・・・



が・・・・・




ぼやけて・・・・


しっかりと 見えない・・・・


でも・・・・




どこかで・・・聞いた事のある声・・・




「高橋さん! やっと 気が付きました?」




気がつきましたけど・・・・・



体が・・・痛い・・・・




え?


「やっと」?






そこから・・・・・





考えてしまった・・・・





「どうして ここにいるのか?」

「何が 起きたのか?」

「いつから いるのか?」



でも・・・・記憶を たどろうと すると・・・・



アタマが 痛くなる・・・・・・・・


ところで・・・・


オレは・・・・・


「タ・カ・ハ・シ」・・・・だっけ・・・?





よく わからない・・・・・・




だから・・・・・




聞いてみることに・・・・・





でも・・・




誰なんだろう・・・・


この声の主は・・・・


それも まとめて・・・・




聞こうと・・・・


したけど・・・・・



声が・・・



出ない・・・・





「う・う・う・う・う・・・・・・」しか 出ない・・・・・





「まだ 無理しちゃぁ ダメですよ!」



そんなに・・・ひどいんですか? 私は・・・・?



話ができない・・・と 言う事が・・・・・


そんなに・・・もどかしい・・・のか・・・・・



「自分が どこに いるのか?」


「自分は どうしたのか?」


「体は どうなっているのか?」


「あなたは 誰なのか?」


そして・・・・自分の名前は・・・・?






聞きたいことは・・山とあるのに・・・・


聞くことができない・・・・・






でも・・・・


聞かなくても・・・・


時間の経過と ともに・・・



だんだん・・わかってきたことが あって・・・・




ここは・・・・・「病院」のようです・・・・・

で 私は・・・・「ケガ」を しているようです・・・・・


どんな 状態なのか?は・・・・

よく わかりませんが・・・・・


どうも・・・・・


体を 強く打ったようです・・・



特に「頭」・・・を 強く・・・・・




だから・・・



「体が 痛い」・・・のも ひどいですけど・・・・



「頭が 痛い」・・・・のと・・・


「首が 痛い」・・・・のが・・・・

ひどい ですね・・・・・




で・・・・・


その「声の主」・・・の人は・・・・


なぜ ここに いるのか・・・・・?


については・・・・


よく わかりません・・・・・



そこで・・・・また・・・・


意識が遠くなっていき・・・・・

















「おい 大丈夫か?」


と 言う声で 目が覚めると・・・


多くの人が 私の周りにいた・・・




連絡が入ったのか・・・・


知り合いが お見舞いに 来てくれるように なって


来たようです・・・・




で・・・・



相変わらず・・・・言葉がでない・・・・

 話が できない・・・・のですが・・・・・・・・・・・



お見舞いの人たちが・・・・・


勝手に 「こうだった」 「こんな感じだった」・・・・と 話を してくれる・・・・・と・・・・



霧が かかっているようだった・・・・・・私の「記憶」が・・・

少しずつ・・・・霧が なくなっていくように・・・・・


戻ってきて・・・・・・・




ただし・・・・・・


みんな・・・・は その「瞬間」を 見たのでは無くて・・・・・・

「たぶん こうだったのだろう」・・・という・・・・・

「推測」でしか なくて・・・・・


で・・・・


お見舞いに来てくれた人は・・・


名乗ってもらっても・・・・・・・


よく・・・わからず・・・・



ついでに・・・・


先ほどの 「女性」・・・が 誰なのかも・・・・・


わからず・・・





それより・・・



大事なのは・・・・・



「自分は・・・誰?」・・と・・・言う事・・・・




「どうなって いるんだ これは?」・・・と

思ったが・・・・




「まぁ そのうち・・・わかるんじゃないの?」・・・と・・・



なぜか・・・自分とは思えない・・・

「楽観的」・・な 考え方・・・が 出てきて・・・・・




と その 「楽観的な 考え方」・・・が 出てきたすぐ後に・・・・








また・・・・頭に・・・急激な痛みが・・・・


その 「痛み」で・・・・・


意識が・・・・飛んでしまった・・・・・






いや・・・



飛びそうになった・・・・




その瞬間・・・・・







「高橋さ〜ん 高橋さ〜ん」・・・・と・・・・・・





誰かが呼んでいる・・・・



誰だろう・・・?


また・・あの 「おんなの人」の声・・だ・・・・・










「高橋さ〜ん」

「高橋さ〜ん」

「高橋さ〜ん」





と 呼ぶ声・・・・



しかし・・・


「高橋さ〜ん」・・・・の声が・・・・


次第に・・・・


「お〜い」

「お〜い」

「お〜い」


「お〜い しっかりしろ〜!」

と・・・・ 男性・・しかも・・・・ガラガラ声・・・・


に変化してきて・・・・






「お〜い しっかりしろ〜」

「大丈夫かぁ〜」

「お〜い しっかりしろ〜」

「大丈夫かぁ〜」

「お〜い しっかりしろ〜」





そんな連呼で・・・・


目が覚めた・・・・・・






目に入ってきたのは・・・・・・











「青空」・・・・・・・・・















澄んだ・・・青空・・・・・




と・・・



「電線」・・・・・






「青空」?「電線」・・・・ ナニ?





と 思うと・・・・



「やっと 目が覚めたようだな よう 兄ちゃん! 大丈夫か?」


と 先ほどから 聞こえていた・・・

ガラガラ声・・・・・の 主・・・・



「声の通り(?)」の・・・・・・ おじさん・・・でしたね・・・・





ところで・・・


ここは・・・どこ・・・?





どこ・・・と 言うより・・・



何で・・・


こんなところに・・・


いるんだ・・・・・?




でも・・・






さっきは・・・・



「病院」に いたはずなのに・・・


なぜ・・・


ここに・・・?



「病院の 天井」・・・が・・・


なぜ・・・・


「澄み切った青空 と その青空を 『ぶち壊し』てしまっている

 おびただしい電線」・・・・・・に


変化・・・してしまったのか・・・・・・







理解ができず・・・・





頭が・・・・



あれ?



さっきまで 痛かった・・・


頭は・・・


ぜんぜん・・・・

痛くありません・・・・・



体は・・・・少し・・痛いけど・・・・


さっきにくらべると・・・・・




ぜんぜん・・・痛みが軽い・・・・・



なぜ?


どうして?




そんな 事を考えて・・と 言っても・・・・

それは・・・

一瞬・・・・の出来事で・・・・・






「おい 救急車は 呼ばなくても いいのか?

 体は 大丈夫か?」・・・と・・・


 ガラガラ声の おじさんに・・・


聞かれた・・・・・





「大丈夫か?」・・・と 聞かれても・・・・・・・

よくわからないので・・・



とりあえず・・・



立ち上がってみることに・・・・






少し・・・痛かったが・・・・




すぐに 立ち上がる事ができた・・・・





「おう 大丈夫のようだな! でも 念のために 

 病院で 検査してもらった方が いいんじゃないのか?」


と おじさんに 言われたが・・・・


そんな大げさなことまで する必要は・・・

無さそうだけど・・・・・・




立ち上がって・・・・・・



思ったのが・・・・・











「くさい」・・・こと・・・・・・




「何だ? この『くささ』は? どういうことだ?」


と 思って・・・うしろを 振り返ると・・・・・・






そこにあったのは・・・・・・・




なんと・・・・・・






「生ゴミ」・・・・




しかも・・・・・



「山」になっている・・・・




では・・・今まで・・・


「ゴミの山」・・・に いたのか・・・・・?


なぜ・・・「ゴミの山」・・・に いるんだ?




くさいのも 困るが・・・・・




あれ?



あれれ・・・?



今は・・・・何時なんだ?


で・・・


自分は・・・・


どうしたら いいのか?・・・・



何で ここに いるのか?

次に 何をやれば いいのか?



臭いに 負けそうに なるが・・・・


必死に・・考えていた・・・・・



あたまから・・・・・・


情報が・・・・抜け出してしまっているようだ・・・・・



で・・・・今は・・・・・


どうも・・・・


「朝」みたい・・・



朝・・・?


そこで おじさんに聞いてみた・・・


「今日は 何日ですか?」



すると・・・・


「変な事を 聞くナァ〜 今日はX月00日 で・・・

 月曜日の・・・・・時間は・・・・・」



と 時計を見ている・・・



「8時50分だ! これで いいか?」



月曜日・・・・・って事は・・・・・

仕事は・・休みだ・・・・

で・・・なんで 休みの朝・・・

ゴミの山のところで 寝ているんだ?


そのとき・・・・・おじさんが言った・・・




「ここに 転がっている 自転車は お前のか?」


自転車?


見てみると・・・・


たしかに・・・・自分の自転車だ・・・・・


「自転車で転んだのか?」


と 言われ・・・・


「自転車で転んだ」・・・・・???


そうなのか・・・・?



「そうかも しれませんよね」・・・と 答えた・・・・


自分の事なのに・・・・


「そうかもしれない」・・・は おかしいかもしれないけど・・・・


自分では・・・・ぜんぜん・・・わからない・・・から・・・・・


で・・・・


「X月O0日」・・・・





「X月O0日といえば・・・・・・





何か・・・用事があったような・・・・・





さて・・・何だったかな?


とりあえず・・・・


「生ゴミの臭い」 が たまらなくて・・・・・・



それを 「解消」したいので・・・・・



家に帰る事に・・・


幸い・・自転車は・・・・・少しキズが 付いただけで・・・・


無事でした・・・・・


で・・・・

家に帰り・・・・


シャワーを 浴びて・・・・・・


思い出した・・・・・かのように・・・・

急に・・・・・


「そうだ カレンダー カレンダー・・・」



と カレンダーを 見てみると・・・・・









そこには・・・・




「アカデミー コンクール 後楽園ホール」・・・と 書いてあった・・・・


アカデミーコンクール・・・?



















あ〜!!


今日は コンクール当日なのか〜!


で 何で コンクール当日に あんな

「生ゴミの山」に 突っ込んで 寝てなければならないのだ!




でも 今そんなことを考えていても 

しかたがない・・・


今 やらなければ ならないことは・・・

少しでも速く 用意をして 店に行って

道具を持って・・・・

会場に 行かなければ!!




急いで・・・着替えて・・・

店に行き・・・・

道具を持って・・・・・


道具は・・・・全部バッグの中に入っていたので・・・・・

でも・・・・


「自分で これ・・・やったっけ?」・・・・と・・・・・・



記憶が・・・飛んでしまっているようだ・・・・



で 電車で 水道橋まで 行き・・・・・


急いで 会場に・・・・・


どうやら・・・・・


自分の出番までには 間に合ったようです・・・・・




で 受付を済まし・・・・・・




いざ・・・・・




「本番!」・・・・・・




「XX番 ・・・・・XX番」・・・と 探していると・・・・・


見つけた・・・・・・





が・・・・・





他の人が・・・・・いる・・・・・





あれ?




この 場面・・・・・



どこかで見たような・・・・・?



まぁ そんなことは どうでもいいや・・・・・





「ゴメンね・・・・ここ 自分の場所だと 思うんだけど」


と その人に聞くと・・・・・



「え? ここは 自分の場所だよ! ほら XX番!」




と 番号が書いてある カードを見せてくれた・・・・



確かに・・・・「XX番」・・と 書いてある・・・・・


でも・・・・自分も・・・・


「XX番」・・・・・・・・






と 見てみると・・・・・




「XX番」・・・・・・・




「ここにもXX番って 書いていあるよ!」


と 見せると・・・・・・



「あ〜 それ同じXX番だけど・・・・この競技じゃないよ!

 これ メンズメッシュBだよ 君は メンズメッシュAじゃないの?」


と 言われた・・・・



たしかに・・・・・


「経験年数が 少ない」・・・という・・・・

「メンズメッシュ・・・の A」・・・・でしたね・・・



「ゴメンね! こっちが間違ってたよ! 邪魔してしまったね!」

と言うと・・・


「気にしないで いいよ! お互いがんばろうよ!!」


と 言われた・・・・・


間違ったのは・・・・こちらなのに・・・・・


怒らないで・・・・逆に・・・・


「頑張ろう!」・・・なんて・・・・・


すばらしい人だ・・・・と 思った・・・・・



「本当に ゴメンね! 頑張ってね!」



と その場を立ち去ると・・・・・




今度は・・・


「メンズメッシュA」・・・と 書いてある方に・・・・



で・・・・


ありました・・・・XX番が・・・・



で・・・・・・




混乱していたせいか・・・・・


用意ができたら・・・・・


すぐに 競技が はじまった・・・・・・




「こころの準備」・・・が できてなかった・・・


のだが・・・・


なぜか・・・わからないけど・・・・・



冷静に・・・・・・作業が進み・・・・・




自分で見ても・・・・


「いい感じになっているじゃないか!」・・・と 思うほど・・・・・


と 言っても・・・・・


「自分が見たら」・・なのは・・・・・・


たぶん・・・


「レベルが低い・・・・・評価」・・・・だろうけど・・・・




そんな時は・・・・時計の針は・・・・いつもよりも・・・


はやく 進んでいるような 感じで・・・・


あっという間に・・・・


「競技 終了です!」・・・との声が・・・・・






最後にみんな 作品を 「固める」・・・ために・・・


スプレーを 大量に吹き付けるので・・・・・・


空気が悪い・・・・・・・





で・・・・・・作品の その場に置いて・・・・


「競技者」・・・・は・・・・・その場を立ち去る事に・・・・・・








まぁ・・・・・出来栄えは・・・・自分としては・・・・


「80点」・・かな?


ウイッグを 新しく作り直した・・・・から・・・・・・・


新しく・・・作り直した・・・・・・???




そうか・・・・



ウイッグは 新しく作り直した・・・・んだった・・・・・



そんなことも 忘れていた・・・・・・


だから・・・練習の時より 作業が やりやすい・・・・

いや・・・・


「髪のつや」・・・が 出ていた・・・・のか・・・・・・



髪が痛んでいたから・・・・


新しいウイッグを 作ったんだ・・・・・そうだ そうだ・・・・




でも・・・・



思い出せないのが・・・・・・・





日曜日・・・の 夜・・・・・・


店から帰る途中の事・・・



なぜ 月曜日の 朝・・・・




「生ゴミの山」・・・に 自転車で 突っ込んでいなければ

 ならないのか・・・・・・







それに・・・・・・・






さっきの・・・・


「競技場所の トラブル」


テーブルの番号・・・の間違い・・・?


どこかで・・・・・前に・・・・・そんな事があったような・・・・・?





そんなことを考えていたら・・・・・・・



「あ! やっぱり 高橋さんだ!」・・・と 声を掛けられた・・・・



そこには・・・・・



そこには・・・・・







その声・・・・・



その声も・・・・・







何か・・・何回も・・・・・


先ほど・・・聞いたような・・・・・・


























第5話は ここで おわりです!

書いているこちらも・・・・・


何が何だか・・・わからなくなってしまいそうな・・・・・

展開で・・・・・


途中で書き足して・・・で 仕上げでまた 「書き直し」?

 「書き足して」? いるので・・・書いている自分でも・・・

 よくわからなくなっている次第で・・・・(笑)

 

でも・・・・前から読んで 頂いてしる方々には・・・・

今回もですけど・・・

「あれ?」・・・と 思う場面が 出てくると 思いますよ!

(第5部からお読みの 方は・・・・

 よくわからない話で・・・・・すみません・・・)






そんな 感じで・・・・

わけの わからないこの話は・・・・・

どんどん・・・


結末・・・に 近づいて・・・いるとは・・・・

思いますが(?)・・・・・



どうぞ 最後まで・・・お付き合いください!?







































































読売ジャイアンツ 背番号 Tシャツ 高橋由伸 #24 (ホーム)
MLB.NBAグッズショップ SELECTION
表記サイズ Freeサイズ ※1サイズになります。 実寸 ▼着丈74cm ▼身幅53cm 商品説明

楽天市場 by 読売ジャイアンツ 背番号 Tシャツ 高橋由伸 #24 (ホーム) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





必備!算数の定番授業 小学校5年 (活用力の基礎を育む授業ベーシック)
学事出版
高橋 長兵

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 必備!算数の定番授業 小学校5年 (活用力の基礎を育む授業ベーシック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月の光~フランス・ピアノ名曲集
コロムビアミュージックエンタテインメント
オムニバス(クラシック)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月の光~フランス・ピアノ名曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ホロンバイルの青?高橋素子歌集 (新かりん百番 27)
角川書店
高橋 素子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホロンバイルの青?高橋素子歌集 (新かりん百番 27) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
しまった・・・また2000文字を越えてしまった・・・・・
よんちゃま!
2011/11/07 14:35
この話って終わりがあるのね
もうヘトヘト
2011/11/07 16:09
長いっ
っていうか、せっかくだから、もう少しかいつまんで短くしたほうが、ブログ的にはいいかも〜〜〜

風子
2011/11/07 16:55
TVも寿命ですか。
家電製品は10年くらいで結構来ますからねぇ。まとめて買って値引き交渉して下さい。
rikky
2011/11/08 12:23
どこからが白昼夢でどこからが現実なのか、私は区別できたよ〜!
arara
2011/11/12 00:46
もうヘトヘトさん!コメントありがとうございます!!
「終わり」・・・あります!(ほぼ・・・書いてありますので・・・)
よんちゃま!
2011/11/14 08:22
風子さん!コメントありがとうございます!!
「長い」・・・すみません・・でも・・・長くする「理由」もあったので・・・(謎)
よんちゃま!
2011/11/14 08:30
rikkyさん! そうなんですよ・・・まぁ「10年選手」ですので・・・(電化製品としては・・そんなもんですよね!?)
もう・・・・家中のものが「もぐら叩き状態」ですよ・・・(壊れたから 新しいのを買うと 他のモノが 壊れる・・・って感じ・・)
まとめて・・・安くなるかもしれませんが・・・その資金が・・・・
よんちゃま!
2011/11/14 08:33
araraさん!コメントありがとうございます!!
わかりましたか・・・それはよかったです! 続きをお楽しみください!
よんちゃま!
2011/11/14 08:35
PC・・・暫くすると火を噴いてご臨終なんて事に!!

う〜〜ん 続きを今から読みます(笑) ちなみに酔っぱらって自転車ごと川につっこんで、気がついたら風呂で寝ていたということはあります =^_^=
よしお
2011/11/15 00:28
よしお くん コメントありがとうございます!!
PC・・・ご機嫌がいいときと わるいときが あって・・・・
まったく「うちの 誰かさん」と 一緒で・・・困ります!(誰?謎!?)
それよりTVの方が・・・・叩いてることが多くなってきて・・・そちらの方が「先」のような・・・(正月は・・・いいTVで・・・なんて・・・)
酔っ払って・・・川に・・・よくご無事で! で・・・フロで寝ている・・・それまたよくご無事で!?(お気をつけくだされ!笑)
よんちゃま!
2011/11/15 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
第5部 第5話 月曜日の朝は玉子焼き!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる