月曜日の朝は玉子焼き!?

アクセスカウンタ

zoom RSS こんなことが ありました・・・・

<<   作成日時 : 2017/04/10 10:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 18

「今度 ディスコ行こうよ ディスコ!」


と 友人のKは 言った…


ディスコに 行ったことは あったが 


別に 魅力も 興味も無かった・・・・




その日は 「東京フェスティバル」という


理容競技会の日だった



別に 理容店に 勤めているからと言って


必ず 理容競技会に 出なければならないわけでは


無かったが・・・・



知り合いに誘われて 行っていた理容講習会が


「競技会のための 勉強」を しているみたいな所だったから



必然的・・・・でもないけど・・・・・



「まぁ みんなが 出るから 出てみようかな?」



という感じのテンションだったが・・・・・



でも 出るとなると それなりに 「恥ずかしくない作品」を



作らなければ ならないから・・・




それは 大変だった・・・・・



それなりに 練習したし 自分なりには



そこそこの作品が 作れるようになっていたが


そこは どの世界にも「上には上がいる」ので・・・


数回コンクールに 出るも いつも


「出てるだけ」みたいな感じだった




でも コンクールに出掛けるのは 


自分が 出るだけではなく 


「他の選手の仕事を見て 作品を見て

 そこから 自分の仕事の参考にする」のも 目的の一つであった


というか どちらかと言えば・・・・・


そちらの方が 重要であった



自分が出る競技以外の時間は



他の競技を 見て回っていた


その時・・・・・


「あれ?」と 思った



「あれKじゃないのか?」



「K」とは・・・・地元の理容学校の同級生である


学校を卒業して 自分の家の手伝いをしながら


免許をとってから 修行に出た自分とは違い


学校を卒業したら すぐに東京に 修行に出ていた


しかも 自分のような「無名店」ではなく


コンクールで 優勝経験がある 有名な先生の店に入って


修行していたのである



とりあえず・・・・競技が終るまで 声は掛けず・・・・


彼の仕事を見ていた・・・・・



さすが 有名店で修業しているだけあって・・・


自分よりも すばらしい作品を作っていた


競技終了して・・・・


片づけを していたときに


「久しぶり!」と 声を掛けた



「あれ? こもちゃんじゃん! 見に来たの?」


というから・・・・



「今 東京に出てきて 修行しているんだよ!」


というと・・・



「そうなんだ! また 遊ぼうよ!」



と 言い・・・・


部屋には無いから 店の電話番号を教えて・・・



その日は 別れた




その後 店に電話が来て 


会って話をして・・・


その後・・・・・


買い物に行ったり スキーに行ったりしていた



そして また 次の年も 東京フェスティバルに


出場することになった



Kも 出るとのことで そこで会うことに・・・・・



そこで 出た言葉が・・・



「今度 夜来ようよ! 六本木に!」


その 東京フェスティバルは 六本木で 開催されていたのです



あまり乗り気では 無かった・・・・・


「ディスコ」というの所は・・・・・どうも楽しいと思う事が無かったから・・



でも 「こんなことも お客様との『話のネタ』になるかな?」



なんて 思って・・・・



一緒に行く約束をして・・・・・・



その前に ディスコに行く服を買いに行き・・・・


(お洒落な服を持ってなかったから・・・)


ついに 「夜の六本木」デビュー!!



行く店は 彼に任せて・・・・


彼が その店に決めた 


でも・・・・店に入って 失敗に気づく・・・・・



なぜか 半分「貸し切り」みたいな感じで・・・・



知らない人達の 結婚式の 「二次会」みたいのを


やっていた・・・・・


ただ 彼の目的は 「ナンパ」だったから・・・・



「女の子がいれば いいよ!」と 言っていたが・・・


どうやら・・・・うまくいかなかったようだ・・・・・



で 自分は・・・・と言うと・・・・


そんなことには 興味が無かったから


食べ放題の つまみを持ってきては


軽い カクテルを飲んで みんなが踊っているのを

 
ぼけ〜っと 見ていた



「おひとりなんですか? 一緒に踊りませんか?」


なんて 声を掛けてくる 女の子が いるわけでも無く



Kは どこかに行ってしまうし・・・・・



つまらない・・・時間を過ごしていた



二次会をやっている カップルを見ていた



美男美女・・・では 無かったが・・・・・


仲が 良くて いい感じの カップルだった


それよりも 二次会に来ている人が多い!



もし 自分が結婚しても これだけの 人数の人が


二次会に呼べることは無いだろう・・・・・


というか 二次会なんてやらなくても 大丈夫?



その前に・・・・結婚相手が現れるか・・・・・そっちの方が


問題なのでは?と 思った。



すると・・・・・Kが 現れて・・・・



「ナニ座ってるんだよ! 踊ろうよ!」


と 言われた



どうやら・・・「ナンパ」は あきらめたようだ!(笑)


「どうやって 踊るんだ?」と 言うと



「そんなの 暗くて どんなに踊っているかわからないよ!


 適当に 他の人が踊っているのを見て 真似して 適当に


 踊っていれば いいんだよ!」



だと・・・・




という事で・・・・他の人のマネ・・・・が


できているのか わからないが・・・・




適当に 踊っていた・・・・



いざ 踊ってみると 意外と 面白かった



Kのマネをして 二人で合わせて踊ったり・・・・


元々 「ディスコサウンド」は 好きだったし


知っている曲も かかっていたから・・・・


それなりに 楽しんでいた




そして・・・気が付いたら 1時ぐらいになっていた?



2人とも・・・・休憩していたら・・・・少し寝ていた・・・・



「店出ようか?」と 言われ・・・・・



その店を出て・・・



「もう1軒行こうか?」と 言われ


彼について行って 次の店を探していたが・・・・




結局・・・・ディスコには入らず・・・・・


「お腹が空いた」と いう事で



ハンバーガー屋に 入って


ハンバーガーを 食べながら 話をしていたら・・・・


知らぬ間に 2人とも 寝ていた・・・・



目が覚めた時には・・・・外が明るくなってきていた


ほぼ 同時に Kも 目を覚まして・・・



「もう 始発出てるかな? 帰ろうか?」


と 言い・・・・



地下鉄の駅まで行き・・・・・


途中まで 一緒に乗って行き・・・・・



また寝てしまったKを 降りる駅の前に起こして


Kと 別れ・・・・・



このまま 帰ると・・・・・



「朝帰り」が バレバレなので・・・・



(どこで 誰に見られているか・・・・わからないから・・・?


 特に・・・・お客様に 見られると・・・あとから からかわれて・・・

 
  大変だから・・・・笑)



だから・・・・



自分の「ホームグラウンド(?)」の 上野に出て


上野公園で 時間をつぶし・・・


(また 寝ていた?)



これまた 「御用達」の 洋服屋が 開店するのを待って



適当に 服を買って・・・・


駅のトイレで 着替えて・・・・



そのまま・・・・アメ横とか ウロウロしてから



昼頃・・・家に 帰る



店のある商店街を通ると



お客様である 何人かのお店の人に 



「買い物の帰りかね?」と 声を掛けられた・・・・


あのまま・・・・朝帰っていたら・・・・・・


やはり ヤバかったかも?




それから・・・・寝たら・・・・・



徹夜で遊んだ「ツケ」なのか・・・・



ぐっすり寝たようで・・・・



目が覚めたら 夜になっていた



銭湯に行って・・・帰りに コンビニに寄って


食べ物を買って 帰って食べて・・・・


また・・・・寝た・・・・・・


連休の 2日目は・・・ほとんど 寝ていたみたいな感じ?



すごく「無駄をした」感があった・・・・・






そんな 最初で 最後の(?)


「六本木での夜遊び」・・・・だった・・・・・



そんな 思い出も 忘れかけている


(肝心なところは…もう記憶が曖昧になっています・・・・)





ある日・・・・昔のカセットテープが 出てきて・・・・


「ペット・ショップ・ボーイズ」・・・・




六本木のディスコで かかっていて


気に入ったから 借りてきて ダビングしたものだった



ラジカセにテープを入れて・・・・・



「イッツ ア シーン」が かかる・・・・・




その時・・・・



「Kは どうしているのかな?」と・・・・




あの「六本木の夜」の後も 


度々 遊んでいたが・・・・・


急に Kは 実家に帰ってしまった・・・・・



今 考えてみたら・・・



Kは 理容学校を 卒業して すぐに修行を始めているから・・・


26歳ぐらいになれば


よく 業界で言われるところの 


「修行5年 お礼奉公1年」の 6年で・・・・「修行終了」?


それより・・・・たぶんだけど・・・


Kは 車が好きだった!


だから自分とも 話が合っていたのかも?



車の話をよくしていた


理容学校に通っている時から


新車で スポーツカーに乗っていた



そんな 彼が 東京での車に乗れない生活は




とこやの修行よりも もしかしたら



「我慢の連続」だったのかも?



その後 連絡を取らず・・・・・


自分が 地元に帰ってからも


連絡は取らなかった


子育てが 大変で


そんな余裕が無かった



しかし・・・・・段々と ヒマができてきて・・・


すると 「Kに 連絡してみようかな?」と 思うようになっていた



で・・・・ある日 他の用事で 理容組合の 名簿を見ていて


「K の店」の 住所を 見つける



何気に グーグルマップで 検索して・・・・


「ここなんだぁ〜」と 思った



学校時代 よく遊んでいたけど・・・


Kの家には行ったことが無かったので・・・・



そこで 「ストリートビュー」で 店の外観を見て


「ここで 働いているんだ〜」なんて思っていた・・・・









その 2日後・・・・



新聞を見ていた妻が 


「これ パパと同じ歳だけど 同級生じゃないの?」


という・・・・・



それは 「お悔み欄」に 自分と同じ年齢の 理容師の人が


 載っているというのだ・・・



その時 他の事で手が離せなかったから



「名前は?」



と 読ませると・・・・・・









「0000」・・・・・・・






「え?」と 言い 妻から 新聞を取った!



その お悔み欄には・・・・



「K」の名前があった・・・・・・



「K・・・・・死んじゃったの?・・・・・・・」




しばらく・・・・・呆然としてしまった・・・・・・



自分が 今まで生きてきて・・・・・


知り合いが亡くなったことで


これだけ 衝撃が大きかったことは 無かった・・・・







そして・・・・悔やんだ・・・・・・・






なぜ 連絡を取らなかったのか・・・・・?



カセットテープが出てきた時なら・・・・


まだ話ができたのに・・・・・・・


でも それが 「最後の話」に なってしまうのか・・・・・



いやいや・・・・




そんなことのずっと前に



結婚して 地元に戻ったときに


なぜ 連絡をしなかったのか・・・・・



今頃になって 悔やんでしまった




結局・・・・悩んだが・・・・


お通夜には 行かなかった・・・・・


「死んでからの顔」なんて 見たく無かった・・・・・



「生きている顔」を 見たかった・・・・


いや・・・・あれからの 話をしたかった






それに・・・・自分と同じ年齢の 夫を 亡くした


 奥さんと お父さんを亡くした 子供さんの


 姿も見たく無かった・・・・・・



どうも・・・・同級生だから・・・・



自分とオーバーラップしてしまうから・・?




でも・・・



50代で亡くなるのは・・・・早すぎる・・・・・


でも・・・それも 「運命」で 決められていたことなのか・・・?


自分だって・・・その可能性はあるのだろうけど・・・・・



生きていれるのは・・・・「運がいいだけ」なのか?



最近 「生きているだけ 丸儲け」という


 さんまさんが よく言うらしい言葉をよく使う



「丸儲け」は どうかと思うが・・・・


「生きていれる」筝を もっと 感謝して


 生きなければ ならないのかもしれない・・・



それに・・・・できる範囲で・・・


「やりたいことを やる」ように しなければ ならないと


 思うようになった



が・・・・・・



なかなか・・・・色々な理由で・・・・何もできないけど・・・・・?






その後・・・・理容学校の同級生と会う機会があり


Kの事を 話をした


同級生は お通夜に行ったらしい


自分とは 逆で・・・・・



「最後の顔」を 見たかったらしい


その同級生も 買い物しているときに 偶然会ったのを最後に



10年ぐらい 会って無かったらしい



約10年ぶりに 見たその顔は・・・・


少し ふっくらしていたらしい・・・・



幸せに 暮らしていたのかな?と

 
思ってしまった・・・・






急死だったため・・・・・声を掛けたら 起きてきそうだったらしい・・・・


でも 驚いたのは・・・・・・



亡くなった「日にち」だ・・・・・



なんと 自分が グーグルマップで 彼の店を調べていた時には・・・



彼は すでに 亡くなっていたのだ・・・・



それどころか・・・・ 


「ペット・ショップ・ボーイズ」の カセットテープを 聞いていた時に


亡くなっていた???



あの カセットテープが出てきたのは


 偶然では 無かったのか・・・・?





彼が亡くなったのを知ったときに


「名簿に電話番号が 載っていたんだから 


 あの日に電話すれば よかったのか?」



と 思ったが・・・・


その時電話していたら・・・・とても「間が悪い状態」だったかもしれない?



ということは・・・・あのときに 電話しなくてよかったのかも?




でも・・・・・ 不思議なことも あるものだ・・・・・


まるで 「自分が亡くなったのを 知らせるため」に


自分に 教えに来ていたみたいに感じる・・・・・・




彼も もしかして 「連絡したい」と 思っていたもかもしれない


そして その同級生が言うには・・・


他の同級生と 「そろそろ クラス会でもやろうか?」と


Kが 言っていたらしい・・・・・



自分に会いたいわけではなく・・・・同級生みんなと会いたかったのかもしれない・・・・


それは・・・・・・?





理容学校を卒業してから・・・



1回も 「クラス会」を やって無かった・・・・・


でも それぞれ・・・・みんな色々と いそがしくて


時間が合わなかった?


でも そろそろ 子育てが終わってきて・・・・


「そろそろ」・・・と 思っていたのかも?


でも・・・・Kが 亡くなったから・・・・・


また 当分・・・・いや・・・・


クラス会は 行われなくなってしまうかも?


とても 残念に思うし・・・・・


今年は・・・


こんな 「悲しい別れ」が 待っているとは・・・・


そういえば・・・・・今年の初詣でも おみくじに


「悲しい別れがある」と 書いてあったような・・・・・



Kの件のあと・・・・


自分と妻との 出会いの「きっかけ」を


作ってくれた 親戚の人が 亡くなってしまった



今年は そんな年なのか・・・・・・



Kとの話をした 同級生から 言われた



「コモちゃんは 生きしてよ・・・」と・・・・



長生きできるかどうかは わからない・・・・・


でも・・・・・


自分が 「できる範囲」で 


「健康に 気を付ける」事は・・・・できるか・・・・?





少しでも 長く生きれる「可能性」を 高めるために


生きることが できなかった Kのために・・・・









長々と ブログをお休みしている間に・・・・こんなことがありまして・・・・・


そして・・・こんな内容なので・・・写真は・・・・ありませんので

 
 ご了承ください・・・・まだこもよ














 





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
えん・・って あるよね。
わたし いつの頃からか
新聞のお悔やみ欄を
あえて!見ないようにしています。

そろそろ 旅立つ人がねぇ・・
葬儀に出向くまでの縁でなくとも
ああ あの人が‥ってな気持ち
セツナイジャン。

ならば 知らない方が
いつまでも 生きているから。

でもさ 
知ってしまっても
いいんじゃないか

それも 縁・・・

大人になるって
そういうことかもね。

 業務連絡:拝見している途中で
 ここ 間違ってないよな?
 まじ ここなんだよなあ!
 と 3回くらい タイトルに
 遡って 確認していたらしい。
  ψ(`∇´)ψ
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/04/10 15:11
私が小学生の時同級生だった人が最近亡くなっています。
近所に住んでいましたが、仕事の関係もあって
ほとんど逢っていませんでした。
くびき野
2017/04/10 21:35
こんばんは!
懐かしい思い出話かと思って読んでいて驚きました。そろそろ亡くなる方が出てくる年齢でしょうね。
同級生で一番早かったのは30代、子供さんが小さくてほんと気の毒でした。
今では3分の1ほどが鬼籍に入っています。
やはり同級生だと親しくしていなくても寂しいですね。
健康に気を付けてお友達の分も長生きしてくださいね。
eko
2017/04/10 22:25
同年代の人が亡くなると、いろいろ思うことがありますよね。
同級生だと なおのことですね。
Kさん、まだこもよさんに それとなく お知らせしてくれたのかな?
キーブー
2017/04/10 23:57
誰もが何時かは逝くのですが・・・早過ぎるのは残念なことです。
世代的に見ても 亡くなる人が多くなって居ます。それから ボケることもね!
ご近所でも ボチボチ・・・そういう話が多くなり、町内は 施設の車が年寄りを預かる為に 走り回って居ますよ。
昨日も友人と 最期まであのような車には乗りたくないね!と、話していたところです。介護保険も、甘え過ぎで・・・直ぐに使おうという方ばかりでは 直ぐにパンクです。
何かと、思う処が多い昨今です。せめて 出来るだけ 世間のお世話にならずに 自力で最後まで過ごしたいと願います。
健康第一! 最期に〜いさぎよく逝きたいです。さようなら〜と、手を振って お別れを言いながら・・・。

今日の記事 すごく字が小さくて 読みにくかったよ!
もう少し 老人用に 字が大きく出来ませんか?

頼みます。 
ハイジママ
2017/04/11 08:14
どうも、お久しぶりです。
そんなことがあったのですね、死因がわからないので、何とも気の利いたことも言えないのですが、50代ではちょっと早すぎですね・・・。
それも華々しい活躍をされていた友人があっさりなくなっているのを見ると、虚無感が押し寄せるでしょうね。

上手いことやってる友人がふてぶてしくのさばっていれば、こちらも「くそっ」と底力が出るところですけどね。
人間て、気づかないところでお互いに力をもらっているものなんですね。

しんみりしたけど、いいブログを読ませていただきました。
ちいかめ
2017/04/11 11:44
思い立ったが吉日
と言いますからね。
私は、声を掛けられたらほとんど断らない。
あの時あっておけば。。。
後悔しても遅い
もうヘトヘト
2017/04/11 20:20
高忠先輩!コメントありがとうございます!すみませんでした。変わった毛色のブログを書いてしまって…。
でも どうしても この内容を 書いてみたくて…。
で 知らない方が 良いことってありますよね。自分が死んで あの世に行ったら 「あれ? 先に来てたの?」でも かまわないのかもしれませんからね。でも 突然の事は だから ビックリしたし 色々と 考えさせられましたね。
まだこもよ
2017/04/13 13:24
くびき野さん! コメントありがとうございます! 歳上ならまだしも 同級生だと…「自分も そろそろ なのかなぁ〜?」と 思ってしまいますね。
でも…ただ同級生だけなら まだしも 数年とはいえ 一緒に遊んだヤツだったので ちょっと ショックだったのと なぜ電話一本できなかったのかが 悔やまれますよね。
まだこもよ
2017/04/13 15:32
ekoさん!コメントありがとうございます! 自分の場合 小中学生の頃の同級生で 知っている限りだと 27才で亡くなっているヤツがいるみたいです。しかも そいつは 本当にいいやつで 嫌われる事がまったく無いし 体格も良くて 病気なんて まったく縁が無い感じの 元気なヤツが早々と 亡くなっていて 病弱な自分の方が のうのうと 生きている…不思議なもんですよね…。
まだこもよ
2017/04/13 15:38
キーブーさを!コメントありがとうございます! たぶん 亡くなったあとに 会いに来ていたのだと おもいますね。それが 自分だけでは無くて 他の同級生は 偶然 そいつの写真が出て来て…そのすぐあとに 「亡くなった」と 電話があったみたい… 不思議な事があるものですね。
まだこもよ
2017/04/13 15:41
ハイジママさん!コメントありがとうございます!今年は 「悲しい別れがある」と おみくじに書いてありましたが まさに「その通り」に なりましたね。でも 年齢で考えた「順番」でいくと…「まだまだ」のはずなんですが…順番は 「年齢で」では無いですからね…でも スポーツ万能なヤツだったから まさかこの歳で…とは 思わないですよね。でも ここしばらく その同級生に電話をしようかな?と 思っていたのは…と 変な事を考えてしまいますね。
まだこもよ
2017/04/13 15:48
ちいかめさん!コメントありがとうございます! 死因は 聞いた話だと 「心筋梗塞」だそうです。まぁ 考えようでは 「病んで苦しんで 手術の連続で やせこけて 亡くなった」訳ではなく 「声をかけたら 起きてきそう」な感じだったらしいので…それだけが 救いかな? でも ショックで しばらく放心状態になりましたよ。
でも 自分だって そうですが 段々と そんな歳になってきているんですね。
まだこもよ
2017/04/13 15:56
もうヘトヘトさん!コメントありがとうございます! 本当に「思い立ったら すぐに動く」の方が 後悔しませんよね!(結果は?に しても?) ヘトヘトさんは 確かに「断らない」ですよね! でも、自分の場合 「ヒマ無し」「金無し」「行動力無し」ですから…だめですよね。 今年からは 動けたら なるべく動く ようにしたいと 思いますね。
まだこもよ
2017/04/13 16:07
すごく良く分かります。70歳近くになってくるとそういう出来事が増える?なんか気になってもそのままにして置いたら、いつの間にか!ってことをいくつか体験しています。こもさんの場合には、Kの魂が「先に逝くぞ!」と伝えに来たのでしょうか?人間の本質が魂であることを思うと、それは偶然ではなくて事実なのだと思います。「袖触れ合うも他生の縁」と言います。Kさんとはそれほど深いお付き合いではなかったようですが、それでも何億といる人間の中で知り合った人ですから、何らかのご縁ある人だったんですね。空いた時間にでもぼんやりとでも彼のことを思ったらきっと彼の魂に伝わります。
arara
2017/04/14 21:40
araraさん!コメントありがとうございます! 今までは 「もっと 後の話」だと 思ってましたが…50歳を過ぎてくると こんな事も あるようになるんですね。 同じ専門学校の同級生でも
在学中も 卒業してからも まったく付き合いが 無いヤツもいますけど Kは 一番付き合っていましたね。だから 自分の所に現れていても 不思議では 無いですね。でも 若くして 亡くなってしまったら どのように 思うのでしょうね。まぁ 明日は我が身だから…いつでも 「覚悟」していなければ ならないのでしょうか? と 色々と 考えさせられた…出来事でしたね。
まだこもよ
2017/04/15 13:46
ハイジママは現実と正反対の気休めばっかたれ流すわ、指摘したら「こっちは人生経験者だ」って逆ギレするわ、外部で「綺麗事」「詭弁」って蹴散らされてしまいな自滅的な考えばっか増やす為に人生積み重ねてきただけの分際で、そのことにも気付けんほどボケてやがるわ、この偽善者が!!
現実主義者
2017/04/16 18:17
現実主義者さん! すみません・・・愚か者ですので・・・。
まだこもよ
2017/04/18 08:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんなことが ありました・・・・ 月曜日の朝は玉子焼き!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる